知の統合プロジェクト
   第2回フォーラムのお知らせ 開催日:2007年12月7日~9日 開催場所 九段下(東京イタリア文化会館) http://www.acejapan.or.jp/forum/uhip_2007.html
  >> ホーム
  >> RSS1.0
お知らせ

第2回フォーラムのお知らせ
開催日:2007年12月7日~9日
開催場所 九段下(東京イタリア文化会館)
シャンジュー、ハンフリーがやってくる。
詳細はココをクリック

カウンター

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 考える物質 第2章プラトンは唯物論者か?
第2章プラトンは唯物論者か?

2-1唯物論者の知的禁欲
シャンジュー『唯物論者は、スピノザの用語を使って言えば、知的「禁欲」というかたちの悟性の改善を前提とする。この「禁欲」によって、自分にとりついている神話の残骸、とりわけプラトン主義を除去しようとする。唯物論的説明は人間を自然のなかに立ち戻らせます。』

コンヌ『人間とは関係なく、生の普遍の数学的実在が存在します。脳によって認識されます。人は脳の機能を理解すればするほど、それをうまく使うことができます。しかしだからといって数学的実在が脳によって変化させられることはない。』『時空に局限されてないが故に物理的現象よりはるかに安定した現実をこの感覚によって知覚できるのだと思います。単純さという概念に対する感受性を、数学者は徐々に発達させていくのです。』

シャンジュー『しかし、その単純さを創造しているのはあなたなのです。単純さが非物質的な起源をもっていることの証明になるでしょうか?』
『自然のなかに人間と関係なく「自由」が存在するとはだれも言わない。数学的証明は、歴史が「自由」の概念から引き出しうるものよりずっと厳密です。しかしそれぞれの概念がもたらす結果を無視して、自由の概念と同じくらい抽象的な概念を、整数の概念と比較することはできないのだろうか?なぜそれほど根本的な性質の違いを認めるのだろうか?』

コンヌ『道具と研究対象の現実とを混同しないようにしたい。』

シャンジュー『混同しているつもりはありません。「道具」は、数学者の脳が作り出し、本当の物質的現実をもつ、対象を研究するのに役立つからです。』

テーマ:サイエンス - ジャンル:学問・文化・芸術

考える物質 ジャン・ピエール・シャンジュー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/11/18(日) 16:26)

 考える物質 1章-5数学は唯一つの言語でしかないか?
1-5数学は唯一つの言語でしかないか?

コンヌ『物質的世界の実在を立証するものはなんでしょう?主として我々の近くの一貫性であり、永続性です。数学的実在は同じ性質を持っています。(中略)日常の現実と同じぐらい頑丈です。』

シャンジュー『存在と思考の間に本質的は違いをたてる人が「実在論者」です。』『私は「物質の実在」と「数学的実在」とはっきりと区別しています。』

『数学的実在の存在はわたしには人間の思考と関係があると思われるのですが、人間の思考そのものが種の<進化>の産物です。』

テーマ:サイエンス - ジャンル:学問・文化・芸術

考える物質 ジャン・ピエール・シャンジュー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/11/18(日) 16:26)

 考える物質 1章-4数学には歴史がある
1-4数学には歴史がある

シャンジュー『次のような意見にたいして疑いをもっています。つまり数学の扱う対象は、物質および脳の支えとはいっさい関係なく「この宇宙の中の」どこかに存在しているという意見にたいしてです。』

シャンジュー『数学者が論理的一貫性の規則、排除の規則、形式主義を念入りに作り上げるとき、数学者は一つの普遍的言語を構築しているのであり、その普遍的言語によって数学者は前もって構築しておいた対象の特徴を認めることになるのです。結局は数学者は自分が想像したものを結果だけ「発見する」!』

テーマ:サイエンス - ジャンル:学問・文化・芸術

考える物質 ジャン・ピエール・シャンジュー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/11/18(日) 16:24)

 考える物質 1章-3発明か、それとも発見か?
1-3発明か、それとも発見か?

シャンジュー『数学的対象の本質に話を進めてみよう。これには「実在論」と「構成主義」という真向から対立する2つの立場があります。直接にはプラトンからアイデアを借りている「実在論者」にとって、世界には感覚的実在とは別の実在をもっているイデアがあるとされます。デカルトは「私が三角を描くとき、(中略)わたしがその形態を発明したのではなく、いかなる意味でも精神に依存していない。」といってます。
「構成主義者」にとっては、数学の扱う対象は、数学者の思考のなかにしか存在しない理性的存在です。質量と関係のないプラトン的世界は存在しません。数学者のニューロンとシナプスの中にしか存在しない。ロックやヒュームのような経験論哲学者に見られます。』

コンヌ『ぼくは実在論の観点にかなり近いと思っています。(数学的)実践が生の事実を発見するのです。』

シャンジュー『私は反対にそういう数学的対象はあなたの脳のなかに物質的に存在しているのだと思われます。』

テーマ:サイエンス - ジャンル:学問・文化・芸術

考える物質 ジャン・ピエール・シャンジュー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/11/18(日) 16:23)

 考える物質 1章-2諸科学の階層関係が問題だ
1-2諸科学の階層関係が問題だ

シャンジュー『わたしは3つのテーマで議論を進めてたいと思っています。第①は数学と他の諸科学との関係、第②に実在論と構成主義の問題、第③に数と経験の問題です』

シャンジュー『ディドロによれば、数学は経験に何一つ付け加えることはない。数学は「自然と人々の間にベールを介在させる」だけだ!
フランシス・ベーコンによれば、(中略)「自然学の召使でしかないはずの論理学と数学が、時としておのれの確実性を鼻にかけ、自然学にたいしてまったく我が物に振舞おうとするなどということがどうして起こるのかわたしにはわからない」』

コンヌ『数学をほとんどすべての他の科学の形式化に必要な言語と考えるは、ふつうです。量的であろうと質的であろうと形式化は常に数学を通じて行われます』

シャンジュー『数学は物理学より厳密な言語です。しかしそれ以上でもそれ以下でもない』

コンヌ『物理学者は、もともと「物理学的直観」と呼ばれる仮説をよく使います。』『たとえば、ファイマンの積分は今のところいかなる数学的対象にも一致してませんが、理論物理の日常の糧になってます』『数学のもっている生成的性格が結局は重要な役割を果たす。シュレディンガー方程式、パウリの排他原理、メンデレーエフの元素周期表を再発見する可能性があれば、同様しないではいられない。』

シャンジュー『数学的対象を生み出すのは、物理学では実験というコンテクストだと言いたいわけだね。』
コンヌ『数学だけが唯一普遍的な言語です。』

テーマ:サイエンス - ジャンル:学問・文化・芸術

考える物質 ジャン・ピエール・シャンジュー | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:0
(2007/11/18(日) 16:22)

前のページ 次のページ
copyright © 2005 知の統合プロジェクト all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。