知の統合プロジェクト
   第2回フォーラムのお知らせ 開催日:2007年12月7日~9日 開催場所 九段下(東京イタリア文化会館) http://www.acejapan.or.jp/forum/uhip_2007.html
  >> ホーム
  >> RSS1.0
お知らせ

第2回フォーラムのお知らせ
開催日:2007年12月7日~9日
開催場所 九段下(東京イタリア文化会館)
シャンジュー、ハンフリーがやってくる。
詳細はココをクリック

カウンター

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 考える物質 2章-2数学の精神分析
2-2数学の精神分析

シャンジュー『数学に対するあなたの態度は、考察というより感覚なんでしょうか?』

コンヌ『むしろ直観、苦労して構築された直観ですね。ぼくにとっては実在論と唯物論はまったく両立不可能であるとは思えません。数学的実在の存在を、作業仮説として受け入れる為の代償とは何でしょうか?』

シャンジュー『真の代償とは、いかにしてわたしたちの「認識器官」がそういう性質をもった対象を生み出すかを理解することです。』『プラトン的な「実在」を「発見する」という「感覚」は、この問題に関して、まったく内省的であるが故に、主観的な見方にすぎないのではないかと思います。』

コンヌ『我々の議論は「実在」という言葉の定義を巡って行われていますが、ぼくにとって、実在とは、(略)認識の一致と永続性によって定義つけられるものです。』

シャンジュー『それは、十分条件ではありません。ウィチョル族は年に一度キノコを食べて、全員本当に天国に上った感覚を味わいます。ですから「認識の一致」は客観的現実を定義するに十分ではありません。』
スポンサーサイト

テーマ:サイエンス - ジャンル:学問・文化・芸術

考える物質 ジャン・ピエール・シャンジュー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/11/18(日) 16:27)

<<ジャン・ピエロ・イアコベッリ 講演決定 | ホーム | 考える物質 第2章プラトンは唯物論者か?>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://consilience.blog70.fc2.com/tb.php/89-9c6df425
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 知の統合プロジェクト all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。