知の統合プロジェクト
   第2回フォーラムのお知らせ 開催日:2007年12月7日~9日 開催場所 九段下(東京イタリア文化会館) http://www.acejapan.or.jp/forum/uhip_2007.html
  >> ホーム
  >> RSS1.0
お知らせ

第2回フォーラムのお知らせ
開催日:2007年12月7日~9日
開催場所 九段下(東京イタリア文化会館)
シャンジュー、ハンフリーがやってくる。
詳細はココをクリック

カウンター

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 次世代文化フォーラム

次世代文化フォーラム 概要
~アート・テクノロジー・サイエンスの領域を越えて~ 



  WEB版は、http://kamakura.ryoma.co.jp/~aoki/ace/forum.htm
 
「科学は人類社会(略)を共通の理解で結ぶことのできる初めての手段(略)である。(略)科学こそ、真に民主的でグローバルな文化基盤である。」by Edward O. Wilson "Concilience - The Unity of Knowledge"
 
21世紀グローバル化時代に世界の人々を結ぶ共通の文化基盤、それは科学です。現代科学思想は時代精神に敏感な一部の次世代アーツ作品によって、すでに人類の普遍的テーマとして扱われはじめています。私たちは今、特定の民族、文化、宗教、イデオロギーを越えて、21世紀の次世代文化を形成しはじめているのです。本フォーラムは、科学的知性と芸術的感性によって21世紀人類の肥沃な知的文化基盤を創造してゆくことを目指した「知の統合プロジェクト」http://kamakura.ryoma.co.jp/~aoki/ace/project.htm
の立ち上げ第一弾企画として開催されます。


概要

開催日:2006年8月30日(水)14:00~17:00
開催場所:東京大学安田講堂

参加費:一般2500円、学生1500円、
交流会参加費(定員100名):2000円
問い合わせ Email: forum_ticketinfo@acejapan.or.jp

基調講演演説:ロンドン大学 University College London(UCL)科学哲学/歴史 名誉教授 
Emeritus Professor of History and Philosophy of Science University College of London
アーサー・ミラー Arthur I Miller

ご挨拶:   理化学研究所理事長 野依良治
       東京大学総長 小宮山宏

参加パネリスト: 
日本学術会議会長 黒川清                      
文化庁長官 河合隼雄
宇宙航空研究開発機構理事長 立川敬二
新国立劇場 演劇部芸術参与 鵜山仁
照明デザイナー 石井幹子
水戸芸術館 現代美術センター芸術監督 逢坂恵理子
モデレーター:科学技術ジャーナリスト会議会長/ 元NHK解説委員 小出五郎
以上、順不同・敬称略
主催:   財団法人国際文化交流推進協会、日本経済新聞社
http://www.acejapan.or.jp/index-j.html

 


協賛:   トヨタ自動車株式会社
助成:    東芝国際交流財団
後援:    理化学研究所、宇宙航空研究開発機構、国際交流基金、科学技術ジャーナリスト会議、
日本学術会議 (申請中)、内閣府(予定)、文部科学省(予定)、
British Council(予定)、NHK(予定)
協力:    株式会社ニュートンプレス、日経サイエンス、埼玉県和光市
 参加パネリスト プロフィールhttp://kamakura.ryoma.co.jp/~aoki/ace/PaneristsProfile.htm
 

予定プログラム内容: 14:00~18:00
 
第1部:                            14:00~15:00 
  1). 映像上映                                                    (15分)
  2). 基調講演: 前頁に記載                    (45分)
第2部:                             15:15~17:00
  1). 東京大学小宮山総長ご挨拶                  ( 5分)
  2). 理化学研究所理事長 野依良治先生ご挨拶特別演説   (10分)
  3). 前頁参加パネリストによるパネルディスカッション       (75分)
  4). フィナーレ(音楽演奏)                                             (10分)
交流/レセプション・パーティー:                 17:00~18:00
 

フォーラムの目的
1). 社会一般の自然科学に対する理解・認識を芸術表現活動によって深めること
2). 「科学すること」及び「芸術すること」の根底にある美的感性の重要性や、その感性を育む社会的文化基盤の重要性を訴えること
3). 国際社会における科学・技術・芸術の異分野交流を促進させること

基調講演のテーマについて
  1). 欧米における科学・技術・芸術分野統合の動き
  2). 科学と芸術における審美性と創造性との関連性について
  3). 科学・技術・芸術の融合領域における次世代知とは?

パネルディスカッションのテーマについて
  1). なぜいま、科学・技術・芸術の融合か?
  2). 芸術創造活動を通して、科学は人類に何を伝えることができるのか?
  3). 科学的世界像を通して、芸術は何を表現することができるのか?
  4). 科学・技術・芸術の融合によって育まれる次世代文化とは?

映像/パフォーミング・アーツ作品について
  1). マクロ及びミクロ宇宙の映像に詩と音楽を織り交ぜ、現代科学思想が暗示する世界描像をパフォーミング・アーツによって表現する。
 
 

財団法人国際文化交流推進協会 知の統合プロジェクト

問い合わせ Email: forum_ticketinfo@acejapan.or.jp


 

スポンサーサイト

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

第1回:次世代文化フォーラム | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:0
(2006/07/17(月) 13:27)

<<知の統合 第2回フォーラム 07年12月7日~9日 | ホーム | 「アインシュタインとピカソ」間幕 ポアンカレ「科学と仮説」>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://consilience.blog70.fc2.com/tb.php/5-2495336c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  パフォーミング・アート・センターについて
パフォーミング・アート・センターパフォーミング・アート・センター(略称P・A・C)は日本の芸能事務所、俳優養成所。俳優、声優、演出家の野沢那智が代表を務めている。プロダクションオフィスP・A・Cは、主に俳優・声優のマネージメントを手掛けている。.wikilis{font-si
声優☆ぱらだいす | 2007/03/06(火) 04:15

copyright © 2005 知の統合プロジェクト all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。