知の統合プロジェクト
   第2回フォーラムのお知らせ 開催日:2007年12月7日~9日 開催場所 九段下(東京イタリア文化会館) http://www.acejapan.or.jp/forum/uhip_2007.html
  >> ホーム
  >> RSS1.0
お知らせ

第2回フォーラムのお知らせ
開催日:2007年12月7日~9日
開催場所 九段下(東京イタリア文化会館)
シャンジュー、ハンフリーがやってくる。
詳細はココをクリック

カウンター

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 男と女は理解しあえる
男:「なんで女はいつもオトコを理解したがるんだ?」

女:「私はあなたを理解するわ。二人とも人間なんだもの。」
p089.jpg

スポンサーサイト

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

内なる目 ニコラス・ハンフリー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/11/11(日) 12:09)

 「内なる目」を獲得した生物
次に「内なる目」を獲得した生物を想像してほしい。
その視野は外界ではなく、脳そのものである。
これによって、あらゆる知的動作は、思考過程の自覚を伴うことができる。
「内なる目」がない動物は、自動操縦によって、行動はたまたま生じてだけである。

p084b.jpg

哲学者はここで間違えた。
我々は同じ生物種の一つの起源をもつ。
もっと生物学に注意をはらうべきである。
我々の起源は論理ではないのだ。

テーマ:サイエンス - ジャンル:学問・文化・芸術

内なる目 ニコラス・ハンフリー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/11/11(日) 08:52)

 「内なる目」をもたない動物
まず最初に「内なる目」をもたない動物のことを想像してほしい。
その動物は外界を監視する感覚器官、環境に働きかける四股、そして意思決定装置としての脳をもつ。
しかし、この動物は、脳の内部で起こっているいかなる事柄にたいしても洞察をもたない。
要するに、意識をもたないデカルト的機械なのである。
p084a.jpg

テーマ:サイエンス - ジャンル:学問・文化・芸術

内なる目 ニコラス・ハンフリー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/11/11(日) 08:51)

 自分を見つめる能力
「もし俺が湯の栓をひねれば、それは湯がぬるいってことを意味するのだろうか?
それとも俺は仕事をサボりたいのだろうか?
それともまだ体が汚れているってこと?」
p083.jpg

テーマ:サイエンス - ジャンル:学問・文化・芸術

内なる目 ニコラス・ハンフリー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/11/11(日) 08:49)

 「ブラインド・サイト」
「ブラインド・サイト」
見ていることの全てを意識できているわけではない。
見るという概念そのものをもっと広げて考えるべきだろう。

テーマ:サイエンス - ジャンル:学問・文化・芸術

内なる目 ニコラス・ハンフリー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/11/11(日) 08:45)

次のページ
copyright © 2005 知の統合プロジェクト all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。