知の統合プロジェクト
   第2回フォーラムのお知らせ 開催日:2007年12月7日~9日 開催場所 九段下(東京イタリア文化会館) http://www.acejapan.or.jp/forum/uhip_2007.html
  >> ホーム
  >> RSS1.0
お知らせ

第2回フォーラムのお知らせ
開催日:2007年12月7日~9日
開催場所 九段下(東京イタリア文化会館)
シャンジュー、ハンフリーがやってくる。
詳細はココをクリック

カウンター

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 フォーラム2日目
フォーラム2日目行ってきました。


1伊藤:メンタルモデル 内部世界 世界のミニチュアが脳のなかにある。
思考は、アクションである、

思考:選択、目的 最近相互にさるでも循環していることがはっきりわかった。では、サルは思考するのか?

以前の無意識:フロイトに代表される。
認知的無意識(サブリミナルのときなど)
最近は、新しい無意識が注目

クリックによれば
意識モード:遅いが、複雑に思考でき、記憶に残る
無意識モード(ゾンビモード) 早いが単純、記憶にのこらない

エイリアンハンド

小脳は、無意識のうちに考えることができる。


イアコベッリ:
知の統合に対し、「バベル」を提唱。
バベルの物語を思い出してほしい。昔言語は一つだった。技術を駆使して、塔を作ろうとしたが、神の怒りに触れ、言語が分かれた。

多様性を大事にした。(統一といっても各エレメントを大事に)

美倫理学という言葉を提唱「TRUTH&EXAPTION ESTRANGMENT)

無知の知も大事であるが、知を無にすることも大切。



対談:
1科学と芸術の統合には、無意識(小脳の)がかかわるか?
2統合は、正しいのか?

バベルの例:統合されているものがすばらしいのか?
        むしろ、複雑なものがすばらしいのでは?

科学は世界を知ろうとしている。
芸術は世界を変容しようとしている。

情動は感じるだけでなく、知ることを助けている。

ダマシオの例:「   」


ハンフリー:イアコベッリがさしているのは、モノカルチャーではいけないということだ。
伊藤が言っているのは脳が
ピカソは自然を違う形で表すのが芸術だという。

イアコベッリ:人と体は、スピノザによれば、違うものだが、分離して考えてはならない。

ベイトソンは・・・・

伊藤:私もバベルを持っています。AIです。
モーツァルトは、山を見て、交響曲を書いた。
アインシュタインは偉大は発見は非言語的だとした。

シャンジュー:機械には、歴史がない。
科学は善に向かっているか?

プラトテレス:知識を融合することによって善に進むことができる。互いに制御される。

ハンフリー:アメリカの原理主義はNOである。一方ゴアはすばらしい。リテラシーをもつ必要がある。

科学が文化にならないといけない。原理主義は時代遅れのキチガイである。

やっと分析から処方にうつりましたね。

つまり教育が大事。

質問1:将来の人の存在と心はどなるだろう?人口とか
ハンフリー:制限されるだろう。
質問2:欲求は統一されていくか?

シャンジュー:新規性は、クリエイトの大事な部分だが、「無」からなにも生まれない。
過去の上にある。予期しない合理性を引き出したのである。
アビニオンの娘もそうである。
ポアンカレがイルミネーションと読んだものです。


ハンフリー①教育は大事である。②権威を疑え


イアコベッリ:

伊藤:倫理の脳科学:「規範がまず必要になる。メンタルモデル・・・」

ハンフリー:6ヶ月の赤ん坊でも人種で集まる。

科学の先には、人間の好ましくない本性があるかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:サイエンス - ジャンル:学問・文化・芸術

第2回:次世代文化フォーラム | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2007/12/16(日) 09:44)

<<フォーラム一日目 | ホーム | ジャン・ピエロ・イアコベッリ 講演決定>>

コメント
 
第2回フォーラムは、全てのエレメントが出揃ったといえよう。
①科学=真
②芸術=美
③フォーラムの中でよく出てきたキーワード善・倫理。

統合など必要ないというアンチテーゼもあり、
そしてついに、統合のあり方がはじめて示された。


ハンフリーが、真だけでは、限界があるとし「科学の先には、人間の好ましくない本性があるかもしれない。 」と発言。

逆に科学の要素がない、原理主義もだめとする。

両者が互いに制御されて、善にいたるようである。

美が、善に意味を持たせ、科学がそれを遂行する。

こんなところか?
URL | プラトテレス #- | 2007/12/16(日) 09:51 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://consilience.blog70.fc2.com/tb.php/91-05a9a1f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 知の統合プロジェクト all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。